×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

巡礼旅程

TOP


このページで巡礼進捗状況を示していきます
 徒歩 バス 電車

へんろみち保存協力会編  宥弁 真念 著 「四国遍路道指南」1687年より

11月15日晴れ

民宿ながお路→88番大窪寺(おおくぼじ)→長尾駅前→高速志度(タクシー)→JR高速バス難波OCAT→泉北高速→飲みどころひょうたん→帰宅

歩かない一日、それも最後の88番。なんとも軟弱でしまらない結願となった。
   
11月14日晴れ

きららの湯→84番屋島寺(やしまじ)琴電とケーブル→85番八栗(やくりじ)→86番志度寺(しどじ)2km琴電→87番長尾寺(ながおじ)→民宿ながお路にて宿泊 夕、朝食付きで6000円

屋島寺の下で道を尋ねたら美容室はるみの奥さんが「荷物を預かってあげるからケーブルで登って歩いて下りてきたら」とおっしゃったのでお願いした。帰ってきて、うどん屋の「わらや」さんに行きたいといったら「山田屋」さんを教えてくれた。美味しかった。
   
11月13日曇り

坂出簡保保養センター→82番根香寺(ねごろじ)→香西寺(こうさいじ)→池上製麺所(るみばあちゃんのうどんや)→83番一宮寺(いちのみやじ)→健康ランドきららの湯にて宿泊

香川県に来て初めて美味しいうどんに巡り合った、というより僕の生涯で一番美味いうどんだった。根香寺で四国旅マガジンGajA(がじゃ)の白井さんという方に会った(美人だったのにちゃんとした写真を撮っていなかった残念)
  
11月12日曇り

ホテルニューセンチュリー坂出→79番高照院天皇寺(こうしょういんてんのうじ)→電車で3駅80番国分寺(こくぶんじ)→81番白峰寺(しろみねじ)→坂出簡保保養センターにて宿泊

電車を使わないと宿泊施設のないところで暗くなりそうだったが、結局あてにしていたところも泊まれそうになく簡保にしたがここが大当たり。素泊まり4500円
夕食2200円の一番安いのを注文したが味、量とも十分過ぎるくらい。TELが3連休を予約しようとしたが満室だった。朝食は1000円バイキング。温泉付き。
   
11月11日雨のち曇り

善通寺グランドホテル→75番善通寺(ぜんつうじ)→74番甲山寺(こうやまじ)→
76番金倉寺(こんぞうじ)→77番道隆寺(どうりゅうじ)→78番郷照寺(ごうしょうじ)→ホテルニューセンチュリー坂出にて宿泊

午前中の雨でさっぱりペースが上がらず、昼から少しがんばった。いまだうまいうどんに巡りあえず。
  
11月10日雨

サニーイン→70番本山寺(もとやまじ)→71番弥谷寺(いやだにじ)でTELと合流→72番曼荼羅寺(まんだらじ)→出釈迦寺(しゅっしゃかじ)→善通寺グランドホテルにて宿泊

熱っぽく風邪気味の中雨に降られて25kmほど歩いた。弥谷寺でTELと合流していたら「まい」さんが饅頭と吟醸酒を差し入れしてくださった。饅頭と酒を歩きながら食えというわけではなく、あったかいお茶と饅頭を食べて、夜に吟醸酒を飲めということらしいが、HALとTELは甘いも辛いもどちらでも来いの人間なのだ。
饅頭旨かった。夜にまた( ^0^)_D いただきまーす
  
11月9日雨

三島第一ホテル→(車で)65番三角寺(さんかくじ)→(車とロープウェー)66番雲辺寺(うんぺんじ)→(車)大興寺(だいこうじ)→(車)ビジネスホテルサニーイン→(歩き)68番神恵院(じんねいん)69番観音寺(かんのんじ)→ビジネスホテルサニーインにて宿泊

当ホームページの読者「まい」さんが車で三島大一ホテルの近くまで迎えに来てくださった。雨が降っていてあいにくだったが楽しくおしゃべりしながら回ってくださって、うどんやロープウェーなんかをお接待してくださった。有難うございました「まい」さん。南無大師遍照金剛
  
11月8日晴れ

石鎚温泉→前神寺(まえがみじ)→三島第一ホテルにて宿泊6300円朝食のみ付き、築15年

土居町の旅館へ行ってみたが納得の出来かねる料金のところばかり。暗い中紳士に道を尋ねたら、三島に行けばビジネスがあると教えていただいた。一緒に電車で10分ほど話したが、写真中心のホームページを持っておられて、遍路にも行かれているとか。別れ際にお接待を頂いた。ありがとうございました。早速リンクさせていただきました。
  
11月7日曇り

ビジネスいせや→60番横峰寺(よこみねじ)→(一部、車のお接待)61番香園寺(こうおんじ)→62番宝寿寺(ほうじゅじ)→63番吉祥寺(きっしょうじ)→石鎚温泉(いしづちおんせん)にて宿泊 素泊まり3500円 ここはお遍路には最も快適風呂がいい、部屋が広い、電話がある、トイレが中にある、鍵がかかる、レストランもいい、12時まで温泉利用可能
  
11月6日雨のち曇り

ビジネス白石→57番栄福寺(えいふくじ)→58番仙遊寺(せんゆうじ)→59番国分寺(こくぶんじ)→ビジネスホテルいせや(遍路道からはずれ残り3kmほどバス)

茨城県から来られた60歳台の歩き遍路さんと仙遊寺から国分寺まで一緒に歩く。実にユニークで飄々として楽しい方だった。(歩き遍路は皆ユニークだが)
  
11月5日雨

実家→来島海峡大橋→54番延命寺→南光坊(なんこうぼう一部バス)→
泰山寺(たいさんじ車のお接待)→ビジネスホテル白石(一部バス)

来島海峡大橋を歩いてみたかった。箱庭のような島々が紅葉しているのを下に見ながら歩くと“瀬戸の花嫁”(小柳るみ子)を口ずさんでいる自分が少し気恥ずかしい。
   
11月4日晴れ

島四国八十八ヶ所を歩いて回るつもりだったが、ゆっくりしていると実家に根を生やしてしまいそうなのでバイクで1番正覚庵(しょうがくあん=霊山寺)→10番
證明寺(しょうみょうじ=切幡寺)までバイクにて巡拝
   
11月3日雨

どこにも出かけずにホームページのメンテナンスをやった。というよりサボっていた日記を書いた。島四国は明日晴れたら回ってみるつもりだ
  
11月2日曇り

12年の末に亡くなった父の法事。菩提寺のお坊様に来ていただいておつとめをしていただきました。おつとめの後にトークショーがありまして、これがまた楽しいものでした。その後お昼ごはんで大量に飲酒。家に帰ってバッタン!
  
11月1日晴れ

実家→車で海南寺(かいなんじ)にて月岡さんのコンサート→屋形船にて打ち上げ会

海南寺は地元であるにもかかわらず初めて御参りした。月岡さんと松末さんによる瞽女唄の演奏とトークショーは実に楽しいものでした。その後の屋形船での飲み会も月岡さんと松末さんも同席していただきまして日付が変わるまで揺れる船の上で、酒に酔ったのか演奏に酔ったのか船に酔ったのか分からない状態に。思いがけなく同級生に会ったりと楽しい一日が過ごせました。同級生の何人かは亡くなったそうだ。ショック!
  
10月31日晴れ

スーパーホテル→(伊予鉄バスにて)太山寺(たいさんじ)まで→円明寺(えんみょうじ)→鎌大師(かまだいし)→遍照院(へんじょういん)→今治港(一部をタクシー)→実家(タクシー)にて宿泊
  
鎌大師はこの夏から曹洞宗のお坊さんが赴任されていてお接待していただき、お話をすることが出来た。お坊さんが変わるといつかお寺も宗派が変わるということだろうか?それなら檀家さんはどうなるのだろう、改宗?まさか。良く聞いておけばよかった。
    
10月30日晴れ

民宿一里木→浄瑠璃寺(じょうるりじ 伊予鉄バス)→八坂寺(やさかじ)→西林寺(さいりんじ)→浄土寺(じょうどじ)→繁多寺(はんたじ)→石手寺(いしてじ)→スーパーホテル松山にて宿泊 NETつなぎ放題 嬉しい。
    
10月29日曇りのち晴れ

松屋旅館→明石寺(めいせきじと読むが、あげし地区にあるので、地元の人は「あげっさん」と呼ぶ。住職の名は「あかし」さんなんだそうだ)→JR卯之町駅→松山駅→JRバスで久万町→45番岩屋寺(いわやじ)→伊予鉄バスで→太宝寺→民宿一里木(いちりき)にて宿泊 素泊まり3500円 太宝寺より歩いて30分くらいのところ。お遍路さん用に特化した宿。夏場が3000円なのはストーブが要らないから。そういえばクーラーは無い。

11月1日に実家に帰省していなければならないので、、やむなく列車とバスを利用したが、列車の中でパソコンを使ったら気分が悪くなった。失敗。
   
10月28日雨のち晴れのち曇り

ビジネスホテル宇和島リージェントホテル→龍光院(りゅうこういん)→龍光寺(りゅうこうじ)→佛木寺(ぶつもくじ)→松屋旅館2号館にて宿泊
松屋旅館2号館はわりと新しいビジネスホテル。ドライヤーが置いてない5000円

地図では長く見えるけど23kmほど。今日はお休みの日。 
        
10月27日晴れ

ビジネスホテル御荘→法林山禅蔵寺(愛媛県指定有形文化財)→ビジネスホテル宇和島リージェントホテル  回り道ばかりして40km程歩いたが7時20分にスタートして宇和島のホテルに着いたら19時ちょうど。疲れた。

宇和島リージェント:NETやり放題。朝食付き 6000円 いまだかつて無いほどの朝食が出た「これで700円ですか」と聞いたらウェイトレスさんが「予約の方は700円で、外からこられた方は800円です」 晩ご飯も食べりゃよかったよ。  

四国を歩いて随分朝ごはんを食べたが朝食に納豆が出たのは初めてだった。納豆を求めて苦労したTELさんが見たら涙して喜ぶだろうな。

 このホテルは遍路道沿いにあるから、お昼時に通りかかれば昼食を摂ればいいと思う。相当なものを食べられて800円 このホテル一推しです。
    
10月26日快晴

ホテルアバン→延光寺→ホテルアバン(バス)→観自在寺→ビジネスホテル御荘(みしょう)5000円   

ホテルアバンは何と4950円、その前のレストラン レッドオニオンは朝食バイキング630円(これはすごいよ、美味しいよ)
                   
10月25日快晴

民宿土佐屋→ホテルアバン(宿毛市) 

土佐屋さんは最近出来たと聞いたので予約したが、確かに部屋は新しいが、アメニティーグッズは皆無。タオル、石鹸、シャンプー、洗剤、ドライヤーなど一切無し。風呂に湯が張ってなかったのは初めて。障子度一つなので外からの音がうるさい。昼間は下で食堂を営んでいるので、出された夕食はその延長か?小鉢2つとカツオのたたき。これで7200円とはどういうことか?高いんですねと言ったら、「じゃあ7000円でいいです」だって。旅館内田屋さんと比べてはいけないが、内田屋さんのカツオのたたきは細かい切れ目が入っていたし、にんにくは薄くす均一輪切りにスライスされて、芯が取られていた。

まあこんなこともあるか。行の一つと思ってみるが、青岬さんの料理がすばらしかったのでよけいに残念だ。

約40km歩いた。しかしこれではだめだ。明日は50kmの予定。
       
10月24日快晴

民宿青岬→38番金剛福寺(こんごうふくじ)→龍宮神社→民宿土佐屋にて宿泊

青岬のご主人が金剛福寺(こんごうふくじ)まで車で送ってくださり、そこからまた青岬さんの方まで歩いた。半島一周コースを歩く人は2割程度かもしれない。
景色が良いので展望台などへ寄り道をしたり、遠回りをしたりで25kmほど歩いた。明日は延光寺(えんこうじ)までの50kmを歩くか、手前の42km地点にするか迷っている。
                   
10月23日快晴

Kokomo→窪津海蔵院→民宿青岬

Kokomoは5500円 Netが無料でできるといっていたが、うまくいかずフロントの回線を使って写真をアップロードした
                  
10月22日快晴

内田屋旅館→ビジネスホテルKokomo 内田屋さんは若い人の良さそうなご主人が一人で切り盛りしている。食事は少なめ、普通の家庭の朝/夕食だが味のセンスは群を抜いている。どこで修行したわけでもないらしいが、とにかく美味しい。部屋が綺麗なので、これで6000円なら僕は満足。  今日は24km程歩く、明日は44kmの予定。 内田屋さん部屋に鍵がかかります。
             
10月21日雨

旅館まるか→岩本寺(いわもとじ)→内田屋旅館 20km歩いた。明日は30kmだがその次が47km程なので足を温存しておく。内田屋旅館さんは改築4年
10月20日晴

大善寺→旅館まるか(岩本寺のすぐ近く) 

30km歩いたが金ズレOK 。“旅館まるか”の夕食は17日に泊まった旅館英光の朝食より質素なものだった(どうせ夜に飲むのだからこれで十分)米は美味い。女将は美人。あなたならどうする(6500円)
明日は四万十川を越えたい。晴れたら48kmを、雨なら24kmが目標。 
                
10月19日快晴

国民宿舎土佐→青龍寺(しょうりゅうじ)→大善寺(だいぜんじ)にて宿泊

国民宿舎の支配人 池上さんが「大善寺の宿坊は新しいです」と教えてくれました。昨夜迎えに来てくれた方です。「スカイラインを通ると景色がいいです」とも
教えてくれました。(25km)
                                               
10月18日快晴

旅館英光→雪蹊寺(せっけいじ)→種間寺(たねまじ)→清瀧寺(きよたきじ)→
国民宿舎土佐にて宿泊

国民宿舎の800mほど手前で真っ暗になり道分からず電話したら「迎えに行きます」助かったー!今日の30kmはきつかったど、明日の25kmもきついぞー!
                                               
10月17日快晴

ビジネスホテル空港→(土電バスと走り)大日寺→(土電バスと走り)竹林寺(ちくりんじ)→禅師峯寺(ぜんじぶじ)→(土電バスと走り)→(フェリー)旅館英光にて宿泊 

大日寺で納経をするのを忘れたためホテル近くからバスで野市に降りて走って納経を済ませ、また走ってバス停。そこから竹林寺の最寄のバス停へ。禅師峯寺までは歩き、フェリーの時間が間に合わなくバスで乗り場近くまで行きそこから1.5km程走った。着いてみたらフェリーは20時10分まで有ったあ〜アホラシ!
                                 
10月16日晴

BG黒潮→大日寺(だいにちじ)→国分寺(こくぶんじ)→善楽寺(ぜんらくじ)→
ビジネスホテル空港にて宿泊 20km程のあるき 善楽寺さんに泊まろうと思っていたら宿坊は閉鎖されていた。
10月15日晴

旅館清月→ビジネスホテル黒潮

清月さんは電話があったがチェックイン操作をするのを忘れておられたので使用不能。言おうかと思ったが、お年寄りばかりで運営しているので気の毒で言えなかった。部屋は新しくて綺麗。
10月14日雨

吉良川→神峰寺(こうのみねじ)→旅館清月(せいげつ、安芸市内)

吉良川で秋祭りを楽しむ、無人民家で寝るがとても怖い。この日のことはいずれ日記に書く。40km近くをびしょぬれになって歩いた。
10月13日雨のち晴

民宿竹の井→津照寺(しんしょうじ)→金剛頂寺(こんごうちょうじ)→吉良川近くの無人民家(民宿 竹の井さんの持ち家)
10月12日雨のち晴

ロッジ尾崎→御蔵洞(もしくは御厨人窟:みくろどう くつ)→最御崎寺(ほつみさきじ)→民宿竹の井にて宿泊

ロッジ尾崎さんは、綺麗なお嬢さんが切り盛りしている。若奥さんかなあ?すぐ前はサーフスポット。彼女も元サーファー
                                   
10月11日曇りのち雨

民宿みなみ→東洋大師→民宿ロッジ尾崎にて宿泊 32kmほど歩いたのは最長か。朝出るときもらったおにぎり3個食べたきりで歩き続けた。
10月10日晴

薬王寺→県立病院→揚子江(中華屋)→鯖大師→民宿みなみ(電話がある)
病院は診察ではなく、ホームページの更新(緑電話しかない)その向にNTT
10月9日晴

民宿龍山荘→平等寺→お食事どころ味登里→薬王寺 宿坊に素泊まり

税込み¥3675 素泊まり この安さは驚き 地元の生活、料理、酒、人情を求めて街の居酒屋へ
10月8日(曇りのち晴れ)

民宿金子や→鶴林寺→太龍寺→民宿龍山荘(初の携帯使用不可)

毎日ご飯がおいしいので食べるわ食べるわ。脚も足も随分慣れた。明日が最長行程になるかもしれない。およそ27kmくらいか
10月7日(曇り)

金子やさんで鹿児島からタクシーで来られた方に芋焼酎をいただいた。
3階のトイレにおばあちゃんがとじこめられ結局宿のご主人が鍵を破壊して出てこられた
お昼の弁当として焼きおにぎりを2個注文。これはおいしかった。

αホテル→恩山寺→民宿金子やさんにて宿泊
10月6日(雨)

 四国に来てから初めての雨。心配していた老夫婦の一組と同じ宿坊、大日寺さんだったので、食事のとき奥さんに「へんろころがし、どうでした?」と聞くと「思っていたほどではございませんでした」だと、心配して損したよ。

もう一組の老夫婦には朝、大日寺さんの境内でお会いすることが出来た。奥さんが我々を見るなり「あら〜!げんき〜?遍路転がしで遭難したかと心配してたよ〜」だって「それは、こっちのせりふですー」と]言い返してやった。ったく!のど元過ぎればこれかい (`ヘ´)

大日寺→常楽寺→国分寺→観音寺→井戸寺→αホテル→電車で立江寺→電車でαホテルへ戻り宿泊 明日はもう一度歩いていく。
10月5日 

鍋岩荘はまだ新しい民宿、風呂は大きくは無いけど檜風呂、ご主人が犬の散歩がてら迎えに来てくれた。翌朝、玄関を出るとき「菅笠忘れてます他に忘れ物ないですか」といわれたけど「無いですお世話になりました」

30分歩いた。ご主人が車で追いかけてきて「ベルト忘れてます」何から何までスンマセン。

今朝は7時30分に宿を出てひたすら歩いた。遍路道ではなく車道を歩いた。
大日寺の宿坊に泊まることに。まだ3時だというのにもう歩けない。

鍋岩荘→やすらぎ→大日寺
10月4日 

セントラルホテル→喫茶店(名前忘れたけど、国道192から藤井寺へ行く道の交差点あたり。ここのマスターにトマトジュースの接待を受ける)→

藤井寺→(ここから先が“遍路ころがし”と呼ばれる歩き遍路の最難関)→

長戸庵→柳水庵→一本杉庵→焼山寺→杖杉庵→鍋岩荘にて宿泊
10月3日 

十楽寺→熊谷寺→法輪寺→小豆洗大師→切幡寺→吉野川を超え

蕎麦屋 橋本→セントラルホテル鴨島 にて宿泊                  
10月2日

 極楽寺→金泉寺→愛染院→大日寺→五百羅漢→地蔵寺→

食堂加寿→安楽寺→十楽寺にて宿泊 宿泊者 8名ほぼ同じコースで巡礼中 
10月1日 

泉が丘→新今宮→Ocat前から高速バス→徳島(松茂BUS停)→

JRバス→JR鳴門駅→阿波大谷→歩いて種蒔き大師→一番札所霊山寺→

戻って十輪寺→二番札所極楽寺 にて宿泊 変ですか?間違えたんです!